陽射しや煙をphotoshop雲模様で描く

陽が射している光線や煙などはphotoshopの雲模様で簡単に描ける。

ちょっと手を加えるだけで写真の表情は変わるもの。

上の写真(手ごろなものがモノクロしかなかった・・) 夜明けのような感じの写真です。

では雲模様を使って地面に朝っぽさと陽射しを描いてみます。

1:まず地面にあたる部分を選択し、新しいレイヤーで雲模様を描きます。色は初期設定の上が黒で下が白のままです。フィルター→描画→雲模様1を選択します。

2:次に遠近法で雲模様下の方を広げてあげます。

3:フィルター→ぼかしガウスで少しぼかします(半径3.4くらい)。そしたら表示設定を通常から覆い焼きカラーにしてみましょう。

4:次に陽射しの線を新しいレイヤーを作り 多角形ツールでマスクします。同じように雲模様1で描きます。

5:最後に表示をスクリーンにして不透明度を50%くらいにしたら出来上がり。

今回はモノクロ写真ですが、カラー写真もまったく同じやり方。 例えば料理に湯気をつけるなんてのもこれで出来ます。その場合は消しゴムツールなどで湯気らしい形にしてからぼかし スクリーンでOK。

may the force be with you.