WordPressの自動更新の無効化

WordPressの更新(バージョンアップ)は、現在はマイナーバージョンアップは自動化になっており、メジャーアップグレードのみ手動になっています。

自動更新されると困るという方もいるかと思います。
自動更新を有効・無効にする方法を紹介します。

バージョンアップの有効・無効化

WordPress本体の自動更新の設定はconfig.phpからでしか設定できません。
FTPにてアクセスし、config.phpをダウンロードした後に書き換え、FTPで上書きします。

全ての自動更新を無効化

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

WordPress本体の自動更新(マイナー・メジャーアップグレード)の無効化

define( 'WP_AUTO_UPDATE_CORE', false );

マイナーは有効・メジャーアップグレードは無効化

define( 'WP_AUTO_UPDATE_CORE', minor );

functions.phpから出来る設定

本体の更新無効化の設定はfuncitons.phpからは出来ないようです。
テーマファイルのfunctions.phpから設定できる項目は下記のようになっています。
それぞれ有効にしたい場合・無効にしたい場合で使い分けてください。

プラグインの自動更新

有効化
add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_true' );

無効化
add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_false' );

テーマの自動更新

有効化
add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' );

無効化
add_filter( 'auto_update_theme', '__return_false' );

自動更新で来る通知メールの有効・無効化

有効化
add_filter( 'auto_core_update_send_email', '__return_true' );

無効化
add_filter( 'auto_core_update_send_email', '__return_false' );
テーマのカスタマイズ等のご相談/お問い合わせはこちら
個人の方でもお気軽にご相談ください