[wordpress] Twitterと仲良くする方法

Facebookに比べると一方的なメッセージと爆発的な拡張性を持つTwitterは別物であるようにみえます。

どちらもビジネスに大いに役立つツールといえますが、まだまだ世の中アナログな人が多く、

「Twitterの何が役立つのさ?」と思っている人も多いと思います。

私のお客様でも そういった方が多いので説明がてら記事にしておきます。

WEBサイトの運営においてTwitterを役立てる方法

あくまでも本気でWEBからの集客を考えている方のみ対象です。
又 プライベートで使う場合は 少し違うと思います。

WEBサイトとTwitterを連携させる

wordpressの場合は記事を投稿すると件名とURLを自動的にTweet(つぶやく)してくれるプラグインがあります。

有名なところでは 「Tweetable」 や 「Twitter Tools」です。

使い方はグーグル博士に聞いてみてください。今回はプラグインの説明は無しです。

Twitterの拡散性の凄さは東北地震でTwitterを知らなかった人でも その凄さを思い知らされたはずですが、この連携によるTweetも拡散(TwitterのRT機能)されることで、大きな利点があります。

それは アクセスアップ。 そして何よりもRTされたつぶやきが被リンクとなることです。つまり人のつぶやきがサイトのコンテンツの一部となることです。SEO対策ツールでもあるのです。

なので 連携機能を持たせていなくても サイトの更新情報等は キャッチーな件名とURLを付けてTweetする事をオススメします。

■ 気をつけたいところ

セールス系の売る気まんまんのTweet等は誰もRTしてくれません。 なので内容としては、そのサイトのサービスジャンルでのTips(小技 豆知識)的な記事が良いです。

例えば冷蔵庫を売るお店なら(冷蔵庫専門店なんてあるのかな?)、冷蔵庫の上手な使い方とか 磨き方とかw とにかくその専門家しか知りえない様な情報です。

ですが これをTweetで全部披露してしまっては勿体無いので 必ずサイトの記事として投稿し、Tweetには記事名とURLを入れるようにします。

wordpressならば、簡単にカテゴリー分けして記事を投稿することが出来るので、こういう記事を作る事でサイトに多くの人の目が止まる可能性を持たせます。

ページ2へ続く


ページ: 1 2 3